逆流性食道炎 改善

食事で逆流性食道炎を改善するためには・・・

食事で逆流性食道炎を改善するためには・・・

逆流性食道炎を改善するための方法で一番重要なのが食事です。というのも、食事は胃液に直接、影響することなので非常に重要なポイントになります。なので、もし、「一番最初に何を改善しますか?」と聞かれたら、間違いなく「食事を改善します!」と答えるでしょう。

では、食事を改善すると言うのはどういうことか・・・・簡単です。胃液の分泌量が少なくなるような食べ物を食べるということを意識すればよいだけですから。

なんか、胃液の分泌量と言うと難しく感じるかもしれませんが、すごく単純で、甘い物・辛い物など、味が濃いものを避けるようにすればよいのです。あとは酢などの酸性が強いものも控える必要があります。基本的にはこのことを意識して食事するようにすればよいと思います。

よく、「すっとこんな食事だと、楽しみが減ってしまって無理です」というようなことを聞くのですが、私の場合は症状が安定している時は、何も考えずに食事をして、「ちょっと怪しいな・・・」という時に控えるようにしています。このように自分の症状を理解することで臨機応変に対応することが出来るので、はじめのうちは難しく感じるかもしれませんが、意外と簡単にできてしまうものです。

なので私は、たまにはお菓子をお腹一杯食べることもありますし、お酒をたくさん飲むこともありますが、自分の体調を管理した上で、好きなものや食べたいものを食べるようにしています。ただ、何も考えずに好きなものや食べたいものを食べていると症状が悪化してしまうので注意が必要ですが、逆流性食道炎を改善するうえで、食事の改善は絶対に必要なので確実に実践することをおススメいたします。

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional